必要最小限度の機能とコンテンツにすれは、ホームページは安く作れます。

ホームページとはそもそも何なのか?わかりやすくご説明いたします。

ホームページを持たないデメリットを知ると、必要性は自ずと見えてきます。

世間はネットでの情報を元にお金を使う時代になっています。

ホームページとは?

ホームページとは、スマホやパソコンで個人や会社が第3者に向けて情報を発信する場所を指します。よく耳にする「ウェブサイト」は、ホームページと同じものと思っていて差し支えありません。

厳密にいうと、

ホームページ とは、本来はウェブブラウザを起動した時に表示されるウェブページなどの画面である。また、そこから派生して各ウェブサイトのトップページを指す意味で用いられる。ウェブサイト全体を指す意味に誤用されることもある。「トップページ」は和製英語である。(ウィキペディア)

ということですが、分かりづらいですね。以下でわかりやすく説明します。

例えば、マンションのようなものです。

ホームページの全体構造は、階層構造になっています。例えるならマンションです。
マンションは、エントランスのところから始まって、上にたくさんの部屋がありますよね。
入り口から入って、各部屋に向かっていく構造です。
ホームページはこれとよく似ていて、入り口(エントランス)のページから各ページ(各部屋)に移動していく仕組みです。
そして、本来はこの入り口のページ自体を「ホームページ」と呼びます。
各部屋は「下層ページ」などとと呼びます。(マンションとは逆ですが 汗)

このマンション全体、つまりホームページから始まって、各ページ全てをまとめたものを「ウェブサイト」と呼びます。お分り頂けましたか?
紛らわしいのは、ホームページという呼び方とウェブサイトという呼び方の違いですが、その原因は「混同」です。

その需要は高まっている。

本来「ホームページ」とは入り口のページで、ウェブサイトは構造全体を指しますが、いつからか日本全体でこの二つを同義扱いにしてしまっているのでややこしいのです。
とはいえ、そうなってしまっているものに抵抗しても仕方ないので、ホームページ=ウェブサイトで大丈夫です。じゃあ入り口のページはどう呼べばいいの?となりますが、日本では「トップページ」という便利な言葉が市民権を得ているので、そちらで大丈夫です。このように、なんとなくややこしい「ホームページ」ですが、ネットで流れる情報は2011年に比べて、9年後の今年で6倍に跳ね上がっています。

なぜでしょう?

その原因の一つは、「消費者がネットを使って調べ物をする量が増えた」「様々な人や企業がネット上に情報を蓄積させている」からだと容易に推察できます。

もし、ネット上で自社情報や自社製品、自社サービスの露出が乏しく改善をご検討の場合は、こちらの記事も参考になさってください。