必要最小限度の機能とコンテンツにすれは、ホームページは安く作れます。

ホームページとはそもそも何なのか?わかりやすくご説明いたします。

ホームページの必要性とは?

ホームページを持たないデメリットを知ると、必要性は自ずと見えてきます。

世間はネットでの情報を元にお金を使う時代になっています。

ホームページの必要性とは?

ホームページの必要性は、それを持たないデメリットを知るとすぐに分かる。

Googleの調査によると、2011年時点で、アメリカではすでに買い物客の8割は、事前に情報を得てから買い物をするようになったとの事です。

そして、情報の入手はネット検索が主体に。
もはや日本にお住いの皆様も、実際にそうしていると思います。
ネット上で欲しい製品のレビューを見たり、詳細を調べてから購入行動に移るというのが当たり前の時代になってきました。
つまり、ほとんどの消費者がネット情報で何にお金を使うのか、どこで買うのかを判断している状態です。にもかかわらず、そこに自社の情報が無いのは、選んでもらえる機会を大きく損失していると言えます。

さらに、ちょっと考えたくなる問題もあります。

会社や製品の実在感が薄れる可能性も。

例えば、
・会社名や商品名で検索しても、その会社のホームページが見つからない。
・会社名や商品名で検索しても、ポータルサイトや電話帳サイトでしかしか引っかからない。
これはネット社会となった現在では少し考えたほうが良い状況です。

SNSや紙媒体には露出しているのに、いざどんな会社かと思って調べてみても、インターネット上で見つけることができない。

こういった現象は皆さんにもご経験があると思いますが、「聞いた住所に行ってみたが、会社が見当たらない」というようなモヤっとした気持ちになると思います。
簡単に言えば、会社の実在感が薄れてしまっているのです。
だから、SNSや紙媒体でアピールしても、ある一定以上の信頼は得られないことになります。

総務省のデータによると、ネット通信量は9年前の2011年に比べて約6倍の量になっています。

このことからも社会全体がネットに情報を流し、ネットから情報得る時代になったことがわかります。
つまり、「ホームページが無い=ネット主体の世界から取り残される」と言っても過言ではないと思います。
ホームページの必要性をお分かりいただけましたでしょうか?

また、そうならないための基本的な方法論をこちらに記載さいました。
よろしければご参考になさってください。