どうしても、歩きながら上手く撮れない時は? 

手持ちでの移動撮影は、ある程度の慣れが必要ではあります。 

カメラを口元から胸元辺りに構えて、脇を開け、肘を軽く曲げて「水の入ったコップを運ぶ要領」で移動しがなら撮影すると以前の記事で書きました。 詳細は下の記事を御覧ください。

誰でもできる!動画撮影のコツVol.03歩きながら良い映像を撮るには?!

撮影の経験上、これができると、よほど重いカメラを使わない限り、ましてコンデジやスマホでの撮影ではほぼ問題なく撮影が可能です。 

しかし、「それは人それぞれではないか?」という意見を生意気な後輩からもらったので、素直に「バックアップ手段」もご紹介いたします 😊 




人体の動きを打ち消す機材=ジンバル

散々手持ちを勧めておいてなんですが、私も手持ちではどうにもならない場合は特別な機材を使用します 😅 

それが、「ジンバル」というスタビライザー(安定機)です。 

撮影上で邪魔になる、僕ら人間の無駄な動きを打ち消してくれる機材です。 最近では、スマホ用もたくさん売られていて、かなり市民権を得た周辺機器の一つだと思います。 カメラを取り付けて、電源を入れると前後左右の傾きを制御してくれて、手ブレを最小限にしてくれます。 

余談ですが、ほとんどの物は上下のブレは解消できませんので、移動撮影では、画面はある程度上下に揺れます。 

しかし、前述の手持ち撮影と同じように撮影すると、びっくりするくらい安定して移動撮影が出来ます。 




「できない」もしくは「こだわりたい」なら。 

で、日常生活でスマホ用のジンバルが必要かと言われれば、私は要りません 😆 

動画は家族と出かけた時にちょっと撮るくらいで、必要になる時はお仕事の時だけ。 

しかし、スマホのカメラ性能がプロ用のカメラに追いつきそうな昨今。少しこだわった映像を撮りたくなるのも無理からぬことだと思いますので、私の経験を元にスマホ用のジンバルでおすすめなやつを取り上げてみましので、「手持ちだけではどうにも…」という方はご参考になさってください。 




買うなら、少し良いものを。 

ちなみに、スタビライザーは「価格」です。 

安いのは、安いなりです。そうでもない!という意見もあると思いますが、高いやつと使い比べれば高いやつが使いやすいです。 
本当に「お試し」だったり、「お金にゆとりがある」という方以外は、できるだけ良い物を買った方が後悔が少ないと思います。 

というのも、スマホ用のジンバルは、そこまで高価なものでもないからです。 
そして、差額もそこまでではないです。 

おもちゃレベルで数千円。ガチレベルで2万円前後。 

大きな差に見えると思いますが、ある程度使い込みたいレベルの場合は1万円前後のもになるので、ガチとの差は1万円前後です。業務用では数十万円の差額も 涙 

趣味や楽しみに不快感を我慢するか、飲み会数回分の費用を差し替えて気持ちよく使うかという感じでしょうか 😆 

飲み会もできないですし 😭😭😭 




おすすめなスマホ用シンバル3選。

独断ですが、私が仕事で使っているもののメーカーで、信頼度もあるやつです。

❶ ドローンも安定の品質です。日々お世話になっています。<DJI>

❷ 業務用も手頃な価格なのに作りも機能もしっかりしています。<MOZA>



❸ こちらも業務用でもしっかりした製品を出しています。<ZHIYUN>

これらより高いものは、ちょっとオーバースペックな印象です。 

こだわりたい人は別として、機能・性能的に私にはうっとおしく感じます。 
個人使用であれば、機能よりも手早く手軽に使える方が大切です。 
そして、この価格帯より安いものは私は買いません。経験上、すぐ壊れるからです。 

ただ思うのは、旅行もレジャーもままならない昨今。 
お出かけの回数が減らされた分の費用を一つの旅にまとめるのも悪くないですよね。 

私は、海釣り用のリールを買おうかなあと思っています❤️ 

#

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

本岩孝之氏 ミュージックプロモ
湯村温泉 ホテル吉野 PV
最近の投稿