新築竣工撮影

新築住宅の竣工撮影をさせていただきました。

2世帯住宅で、家の趣味は娘さんのもの。

一見してちょっと複雑な構造の間取りに見え、家具や小物とのバランスが良く、良い画が撮れそうだと思いましたが、やはりそう簡単にはいきません 笑

複雑な作りの訳があったのです。

それは、徹底して考えられた「動線」。
2階を含め、家のどこにいても、どこかで家族の顔が見えるという意図が組み込まれていました。

言われてみれば確かにその通り・・・
見通し線も確保されていて、声も良く通ります。

広いお家ですが、皆がいつも一緒にいるような感覚が確かに感じ取れました。

で、大切なのが以前にも書いた「イマジナリーライン」ではないかと思い、いつもの苦悩が始まりました 笑

クライアント様がプレゼンするときに、部屋と部屋の位置関係が初見の人にも分かるように。しかも美しくロマンのある構図に。

幸い被写体としても明るさとすっきり感が同居しているうえに、そもそも見通し線が通された物件だったので、珍しく「産みの苦しみ」は軽くて済みました。

この日は2件分の撮影で、こちらの物件は夕方近くの撮影でしたが、西日の入る窓もあったので時刻の割に屋内が明るく、とてもツキのある撮影となりました。感謝感謝です!

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【事例】店舗イメージ
最近の投稿