■価格帯:30万円〜

去る2月中旬、完成したミュージックプロモ「Tuba Mirum」。

4オクターブを操る声楽家として名を馳せる本岩孝之氏が歌うモーツァルト。

一人で、バス・テノール・アルト・ソプラノの全パートを歌うという鬼才ぶりを余すところなく表現したムービーとなりました。

驚きは、国内のミュージックシーンにおいて、その存在を知らない人のいないWolf Junk氏も制作チームメンバーとしてご尽力いただけたこと。

楽曲は、モーツァルトのレクイエムという曲集の一曲で、「神の裁き」を題材にした宗教音楽でしたが、この中世音楽を、Wolf Junk氏の繊細且つ尖った才能が、現代音楽と見事に融合している点が特徴。

私は、曲の翻訳解釈から、シナリオ、アート表現、演出、撮影、編集等、全てを任せていただき、大変幸せなお仕事でした。

■ オリジナル編曲バージョン

■ 2021編曲バージョン

#

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

本岩孝之氏 ミュージックプロモ
湯村温泉 ホテル吉野 PV
最近の投稿